PLUGO JOURNAL
奇跡の町が生まれた理由に巡り合う

TRIP

特集

奇跡の町が
生まれた理由に
巡り合う

長野県 小布施町

2本の川に抱かれたこの小さな町は、
「町と人」との関係を
あらためて考えたくなる町でした。

交流と創造の町、小布施。

01

交流と創造の町、小布施。

長野県の北部に位置する小布施町に行くには、いくつかのルートがある。
ひとつは、新幹線で長野駅へ出て、在来線の長野電鉄長野線に乗る方法。
もうひとつは、長野駅か軽井沢駅から車で移動する方法だ。
いずれの場合も、小布施駅が旅の出発点、そして中心地となる。

各所に設置された
レンタル電動
キックボード

小布施町は、小さな町だ。平成の大合併で独立の道を選び、自分たちが納得して暮らしていきたいと思える町を長年かけて作り、独自の文化を確立した。
この電動キックボードもその1つ。

「まずは、やってみよう」

そういう空気が、町の中に溢れている。小さいがエネルギーに満ちているのだ。

中心地へは、
キックボードで5分

駅前で借りた電動キックボードに乗り、まずは町の中心地へ行ってみよう。
この電動キックボードは、東京の企業との提携で導入されている。推進しているのは、この町の魅力に惹かれて集まった若者たちだそうだ。
ここには、そういう不思議な引力があるようだ。

電動キックボードは実証実験中。ヘルメットなしで走行可能だ。
電動キックボードは実証実験中。ヘルメットなしで走行可能だ。
小布施駅のすぐ近く、町役場と小学校にはさまれた場所にある「まちとしょテラソ」
小布施駅のすぐ近く、町役場と小学校にはさまれた場所にある「まちとしょテラソ」

小布施町の「交流と創造」を
体現する場

小布施町の引力に惹きつけられて訪れた人に会うため、小布施駅近くにある町立図書館「まちとしょテラソ」を訪れる。
館長の志賀アリカさんが小布施にやってきたのは、今年の4月。前職はコンサルタントだったが、その仕事を通じて自分がやりたいのは「物語を紡ぐこと」ではないか、と気付いたのが図書館長公募に応募したきっかけだったという。

町の図書館長になった理由

「ここの図書館長公募を見たときに『図書館というのは物語の宝庫で、人生の交差点だな』と、急にぴんと来たんです。老若男女、日本の方、海外の方、勉強の好きな子、そうでない子…さまざまな方が訪れて、場作りを通じて町と人に寄り添う仕事ができればいいなと。
また、『まちとしょテラソ』は設立のコンセプトが『交流と創造』で、そんなところにも惹かれました」

小布施町立図書館「まちとしょテラソ」館長の志賀アリカさん。
小布施町立図書館「まちとしょテラソ」館長の志賀アリカさん。

交流と共創の町

交流と共創。この言葉には、この町の持つ歴史、風景、人々の営みに通底する魅力が凝縮されている。高度経済成長やバブル経済に後押しされて日本中の町並みがどこも似た景色になっていくなか、小布施町はその流れに逆らった。町民が望む町のかたちとは何か、住み続けたい町とはなにか。その問いを繰り返し、皆で考えてきた結果が、今のこの町だ。

明るく開放的な館内には、町民だけでなく観光客も訪れる。
明るく開放的な館内には、町民だけでなく観光客も訪れる。

TRIP ROUTE

マップがはいります。
  • A

    小布施駅

    https://goo.gl/maps/tp7DQ8pN6KwUqsxJ8

    上高井郡小布施町大字小布施字親木1497-2

    駅前に電動キックボードのレンタルポートがあります。

    GOOGLE MAP
  • B

    小布施町 修景地区

    上高井郡小布施町東町付近

    電動キックボードで入ることができないエリアが含まれます。

    GOOGLE MAP
  • C

    小布施町立図書館(愛称:まちとしょテラソ)

    平日9:00-19:00 / 土日祝日 9:00-18:00(毎週火曜、年末年始および図書整理日は休館)

    長野県上高井郡小布施町小布施1491-2

    026-247-2747

    町民以外も入館可能。入り口付近に小布施町にまつわる本が集められた棚があります。

    GOOGLE MAP

TEXT:
塚岡雄太 ( Twitter / Instagram / Website )

PLUGO JOURNAL編集デスク。趣味はサイクリングと読書で、どこにでも自転車で現れるのでよく人を驚かせる。デジタルガジェットが好きで、IoTを活用したサステナブルな活動に興味を持っている。

SHARE